サステナビリティ

持続可能性に対する取り組み

シカゴの高校。 ポーランドの菓子工場。 セントポールの金融機関本社 。 イタリアの銀行データセンター。 ちょっと見ただけでは、こうした建物には共通点はほとんど何もありません。地理的にも、機能的にもばらばらです。 しかし、どのビルも、より高いレベルの持続可能性への要求に応えた、Traneの成功事例です。

Traneは、環境とビジネス活動に対する持続可能性に対する要求が大幅に高まっていることを理解しています。 お客様は、取引を行う企業が持続可能性に関して、環境への責務を果たすのみならず、先進的な考えと将来を見据えた方法でビジネスを遂行することを期待しています。 Traneは各企業に対して、建築物としての使命を達成するにとどまらず、、現在と将来にわたってエネルギー効率の改善目標を達成するためのお手伝いを致します。

リッジウッド高校

シカゴのリッジウッド高校の経営層はTraneにより行われた照明とインフラのアップグレードにより、エネルギーコストを最大18%節約でき、同時に、敷地から6マイル離れた場所にあるシカゴ・オヘア国際空港からの騒音レベルを大幅に下げられると期待しています。 エネルギー節約のための照明とインフラのアップグレードには、該当地区の持続可能性に対する取り組みも反映されています。

COUNTRY Financial

ミネソタ州セントポールに位置するCOUNTRY Financialの5階建て本社社屋は、 Traneによるシステムのオーバーホールを受け、エネルギーコストを減らし、エネルギー効率と運用効率を改善しています。 金融サービスと金融商品を扱う同社の経営層は、アップグレードにより年間のエネルギーコストを8%以上減らせると期待しています。 

FERRERO

製菓産業における世界的な大企業であるFerreroはTraneと協力し、ポーランドのベルスクに位置する製造工場において、環境性に配慮した、エネルギー効率の高いシステムを導入し業界のモデルケースを作り上げました。 持続可能性に対する同社のグローバルな取り組み目標を達成する為に、8棟の工場家屋における最近のエネルギー使用量削減は、Ferreroがハイパフォーマンスビルディングの目標を達成するための道のりの一部です。

INTESA SANPAOLO

ユーロ圏における大手銀行の一つであるIntesa SanpaoloはTraneと協力し、イタリアのパルマにあるデータセンターのインフラをアップグレードしてエネルギーと運用効率を改善しました。 こうした省エネの取り組みにより、データセンターの環境において重要な役割を担う冷却システムの信頼性、効率性、および性能を高めています。 こうしたアップグレードは持続可能性の基準を満たしており、Intesa Sanpaoloの環境配慮への取り組みの一環でもあります。–また、必要不可欠なデータセンターにおけるハイパフォーマンスビルディング化への目標を達成するための一部でもあります。