歴史

100年におよぶTraneの歩み

Traneは1885年に、ウィスコンシン州のラ・クロスにて家族経営の配管業者として創業しました。 機械エンジニアであるJames Traneは息子であるReubenと共に、革新的な低圧力蒸気暖房システムを開発しました。 1913までには、一家はThe Trane Companyとして法人化されました。

以来100年にわたり、Traneは温度調節における先駆者としての地位を確立しました。 1931年に、同社は初のエアコンの特許を取得しました。 7年後、Traneは新型の冷水器であるTurbovacを発表し、大型の空調システムに対する業界の捉え方を根本から変えました。 こうした初期のイノベーションが、Traneの業界をリードした商用空調設備であるCenTraVac™に結実しました—市場において最も効率が良く、排気が少なく、信頼性が高いチラーです。 20世紀の後半を通じて、Traneはシェアを拡大し続けました。 1970年代の終わりにSentinel Electronicsを買収、1982年にGeneral Electric社の中央空調設備部門を買収し、Traneは家庭用管理設備とエネルギー管理設備の製品ラインアップを広げました。 1984年に、American Standard Companies, Inc.がTraneを買収し、4年後にAmerican Standard Heating & Air Conditioningブランドを立ち上げました。 2007年に、American Standard Companiesは分割され、これによりTraneはビジネスの対象とリーダーシップ発揮領域を、一体型HVACシリーズとソリューションに集中させることができるようになりました。

2008年6月にIngersoll RandがTraneを買収したことで、多様なグローバル市場において消費者をもてなすマルチブランドの商業メーカーとして、Traneはさらに生まれ変わりました。 Traneをファミリー企業の一員に加え、Ingersoll Randはさらに革新的な製品、サービス、ソリューションを提供することができるようになり、一般家庭とビジネスのどちらにおいても品質と快適さを最良のものとすることに寄与しています。

今日では、Traneは堅固にグローバルな存在感を示しており、驚異的な勢いで成長を続けています。 成長の核となるのは、1世紀前にウィスコンシン州の配管業にて形作られた、変わらぬ伝統的な価値観です。

父と息子が家族経営の配管業を法人化してから100年後の今、Traneはさらに前進しようとしています。 業界と消費者の連携により、当社は今日のダイナミックな市場における要求に応える革新的なソリューションを共に開発しています。 Traneは伝統を重んじており、建物をより安全に、より快適に、より低コストにすることで伝統を強化しています。  今だけでなく、この先の世代に対してもこの伝統は受け継がれます。