豊かな伝統

HVAC産業を築き上げた100年

トレインの歴史は、ノルウェー系移民の創業者 ジェームズ・トレイン(James Trane)が1885年ウィスコンシン州ラクロス郡に配管工事店を開いたところから始まります。機械エンジニアであるジェームズ・トレインは息子のルーベン・トレイン(Reuben Trane)と共に革新的な低圧スチーム暖房システムを開発し、1913にはThe Trane Companyとして法人化しました。

以来100年以上にわたり、トレインは温度調節における先駆者としてのその地位を確立しました。 1931年には初のエアコンの特許を取得。 7年後、新型の冷水器であるTurbovac(ターボバック)を発表し、大型空調システムに対する業界の捉え方を根本から変えました。 こうした初期のイノベーションが、業界をリードする商用空調設備であるターボ冷凍機CenTraVac™(セントラバック)に結実しました。CenTraVacは現在でも市場において最も効率が良く、排気が少なく、信頼性が高い冷凍機です。 20世紀後半にかけてトレインはシェアを拡大し続けました。 1970年代終わりにSentinel Electronicsを買収、1982年にGeneral Electric社の空調設備部門を買収し、家庭用とエネルギー管理設備の製品ラインアップを広げました。 1984年、American Standard Companies, Inc.がトレインを買収し、4年後にAmerican Standard Heating & Air Conditioningブランドを立ち上げました。 2007年、American Standard Companiesは分割され、これによりトレインは事業領域をHVAC(冷暖房空調設備)とそのソリューションに注力し、空調業界でリーダーシップ発揮しています。

2008年6月にインガソール・ランドがトレインを買収したことで、多様なグローバル市場におけるマルチブランドの商業メーカーとして、トレインはさらに生まれ変わりました。 トレインをグループ企業の一員に加え、インガソール・ランドはさらに革新的な製品、サービス、ソリューションを提供することができるようになり、住宅用と業務用のどちらにおいても品質と快適さを最良のものとすることに寄与しています。

今日では、トレインはグローバルにおいて確固たる存在感を示し驚異的な勢いで成長を続けています。 成長の核となるのは、1世紀前にウィスコンシン州の配管業にて形作られた、変わらぬ伝統的な価値観です。

父と息子が家族経営の配管業を法人化してから100年後の今、トレインはさらに前進しようとしています。 業界とお客様の連携を通して、当社は現在のダイナミックな市場のニーズに応える革新的なソリューションを共に開発しています。 伝統を重んじ、建物をより安全に、より快適に、より低コストにすることでさらに伝統を強化しています。  今だけでなく、この先の世代に対してもこの伝統は受け継がれます。

 

トレインの沿革

※トレインの歴史を一部抜粋したものです。詳しくは100周年記念サイトをご覧ください。

1885年
創業者ジェームズ・A・トレイン (James A. Trane) がウィスコンシン州ラクロスで配管工事ビジネスを開始。すぐにその地域の優秀な配管工として高い評価を得る。
1913年
ジェームズの息子ルーベン (Reuben Trane) とともに、Trane Company を設立。ジェームズが設計した新型低圧スチーム暖房システムを発売。
1925年
ルーベンが、コンベクターラジエーターとして知られる新しい熱伝導デバイスを発明。革新者としての名声を確固たるものとする。
1938年
世界初の密閉ターボ冷凍機「Turbo-Vacuum Compressor™(後のTurboVac™)」を開発・特許取得。
1951年
ターボ冷凍機「CenTraVac™」を発表。トレインを代表する製品のひとつとなる。
1978年
制御ビジネスへの早期参入のため、Sentinel Electronics Corporation社を買収。さらに、レシプロコンプレッサーの再生製造業者Service First, Inc.社を買収。
空調機器と統合制御を同時に提案できる世界初の企業となる。
1982年
General Electric社のセントラル空調部門を買収。住宅用空調市場における基盤を作る。
1983年
Tyler Refrigeration社との合併を発表。
1984年
American Standard, Inc.社(アメリカン・スタンダード)の傘下に入る。
1987年
ルーフトップ型エアコン「Voyager™」を発売。
1991年
住宅用地熱利用ヒートポンプのトップメーカーCommand-Aire社を買収し地熱市場に参入。
1992年
ターボ冷凍機「CenTraVac™」のエネルギー効率が評価され、EPA(米国環境保護庁)の「地球環境およびオゾン層保護 最優秀賞」初受賞。
1995年
American Standard(アメリカン・スタンダード)が株式上場。
1997年
HVAC技術において多くの業績を残したとして、ルーベン・トレインがASHRAE(米国暖房冷凍空調学会)の殿堂入りを果たす。
1998年
HVACシステムメーカーIndustrial Sheet Metal and Mechanical Corp. (ISM)社を買収。
2004年
中国国内市場のお客様のニーズにあわせた製品開発・サポート強化のため、中国・上海に研究開発センターを開設。
2007年
American Standard社が3部門の解体を発表。社名と同名のバス・キッチン部門を売却、車両制御部門のWABCOを分離、そしてトレインは保持され、American Standardは、Trane Inc.に社名変更。米国クリントン財団主催のクリントン気候変動イニシアチブに参盟。
ターボ冷凍機「CenTraVac™」が、EPA(米国環境保護庁)の「地球環境およびオゾン層保護 最優秀賞」3度目の受賞。
2008年
Ingersoll-Rand plc (NYSE:IR) (インガソール・ランド)の傘下に入る。
2011年
お客様の建物に関するニーズを実現することで利益を導き出す「High Performance Solution」を発表。
2013年
Trane 創業100周年。 100周年記念サイト